ろまんすのかみさまを

エンタメ系レビュー。日々の細々はTumblrで。ノリノリで記事を書いて、後で読み返して赤面してます。

MOROHAっちゅう詩人

二日続けての投稿とは珍しい。

広島は雨,洗濯物が乾かない。

将来の選択もままならない。

そんな日々です。はい。

 

最近友人とこんな話をしました。

『音楽性アイデンティティが確立されたから新しいバンドに手を出さなくなった』と

たしかに,最近(自分にとって)新しいバンドに出会うことがあんましない。

馴染みのアーティストの馴染みの曲をいつも聞いています。

大学四年間を振り返ると,The ラブ人間から始まり,ビートルズ,セックスピストルズ,ロカビリー,ジャズ,ニューウェーブと時代の流れの中をさまよい,逆走,すっとばし。僕を悩ませた音楽的発達課題たち...

和洋折衷,虫でも,調味料でも食べれるもは何でも食べます的な感覚のアイデンティティが形成されました。

 

そんな中,最近僕の中で話題急上昇中のバンド(ラッパー)がこの方↓

moroha.jp

 

初めて聞いた曲がコレ

www.youtube.com

 

「こういうの大好きだ!」と

いや,PVにでてる女の子が可愛かったとかそれはまた別の話で。

 

こんな淡いメロディーにこんなラップを乗せるのかと。

ましてやこの抑揚ありありに刻むラップはなんなんだと。

そもそもこれはラップなのか!?こんな形はありか!ありだ!と

 

歌詞は屈託のない率直なもので,ストレートな気持ちの表現。

情景や趣というところとはまた違う,人と人のコアな関係と“自分の気持ち”を絞りだすような,そんな雰囲気が心にぐっとくる感じ。

 

「え,なんかうさんくさくない?」

わかるわかる。

わかるんだけど,いいんだよな。

こういうの。

 

久々に鳥肌が立つそんなアーティスト。

 

ちなみにカラオケで歌うと,ぎょっとされます。

www.youtube.com